ベチバーって何?とっておきのアロマ活用方法

【アロマ】ベチバー

 

「ベチバーって、どういう時に使うのがいいんだろう?」
「おすすめのベチバーは?」

 

ベチバーの原料は、別名「カスカスガヤ」とも呼ばれる「イネ科」の植物で、
アロマの精油は「」の部分から水蒸気蒸留法で抽出されます。

 

落ち着きのあるウッディ調で、特有の土のような香りがするのが特徴です。

 

今回は、ベチバーを楽しむための情報をまとめました。

 

アロマの作用も載せているので、ぜひ参考にしてみてください!

 

それでは、
詳しく見ていきましょう!

 

※精油などアロマ関連製品を使用して気になることがあれば、すぐにお医者様に相談しましょう。
※薬を服用中の方および通院中の方は、お医者様・薬剤師とご相談のうえご使用ください。

 

 

 

 

こんな時におすすめ!

 

害虫対策

 

おすすめのアロマブランド

 

FINESSENCE(フィネッサンス)

 

 

FINESSENCE(フィネッサンス)は、精油などの植物はもちろん、保存料、安定剤まで、100%オーガニックにこだわっています。

 

精油はとても上品で、植物を感じることのできる感動の香りです。

 

生活の木

 

 

生活の木は店舗も多いので、気軽にアロマを試したい方におすすめです。

 

生活の木の精油は、しっかりと植物を感じることができる優しい香りです。

 

お店で見る

生活の木の店舗を見る

 

【生活の木】店舗のMAP

 

 

ベチバー精油の基本データ

 

草丈は高さ2mほど。根や網状に地下深く張るため、田や畑のあぜなどの土止めに植えられてきた。

 

  • 原科植物名:ベチバー
  • 別名:カスカスガヤ
  • 科名:イネ科
  • 学名:Chrysopogon zizanioides(Vetiveria zizanioides)
  • 原産地:インドネシア、スリランカ、ハイチ、マダガスカル
  • 抽出部位:根
  • 精油の抽出方法:水蒸気蒸留法

 

精油の香りの特徴

 

落ち着きのあるウッディ調の香り。
特有の土臭さ。

 

精油の成分

 

  • クシモール
  • ベチボン
  • ベチベロール

 

 


ページの先頭へ戻る