【アロマ】ベチバーの香り

【アロマ】ベチバー

ジャワ島などでは、根が織物として扇や敷物に用いられるほか、涼風と香りを呼び込むすだれなどとして楽しまれてきた。

 

 

 

 

【アロマ】ベチバーの香りが出題される資格

  • アロマ検定1級(AEAJ):◯
  • アロマ検定2級(AEAJ):
  • メディカルアロマインストラクター(日本統合医学協会):
  • アロマ空間デザイン検定(@アロマ):   

 

ベチバーの香り(精油/エッセンシャルオイル)

精油の香りの特徴

落ち着きのあるウッディ調の香り。
特有の土臭さ。

 

精油の成分

  • クシモール
  • ベチボン
  • ベチベロール

精油成分についての詳しい説明はこちら

 

【ベチバー】精油の原料植物

草丈は高さ2mほど。根や網状に地下深く張るため、田や畑のあぜなどの土止めに植えられてきた。

 

  • 原科植物名:ベチバー
  • 別名:カスカスガヤ
  • 科名:イネ科
  • 学名:Chrysopogon zizanioides(Vetiveria zizanioides)
  • 原産地:インドネシア、スリランカ、ハイチ、マダガスカル
  • 抽出部位:根
  • 精油の抽出方法:水蒸気蒸留法

 

【ベチバー】香りの機能

  • 害虫対策

 

【ベチバー】おすすめの精油

 

アロマのブランドを詳しく見る

 

FINESSENCE(フィネッサンス)

 

 

FINESSENCE(フィネッサンス)は、精油などの植物はもちろん、保存料、安定剤まで、100%オーガニックにこだわっています。

 

AEAJ表示基準適合認定精油」であることはもちろん、『ABマーク』、『Euroleaf』、『CosmeBIO(コスメビオ)』の認定も受けています。

 

創業者のDr.バルツは、フランスで有名なアロマテラピーブランドSANOFLORE(サノフロール)を立ち上げた後に、FINESSENCE(フィネッサンス)を立ち上げました。

 

とても上品で素敵な、植物を感じる感動の香り。
私たちイチオシのブランドの1つです。

 

生活の木

 

 

生活の木は日本の企業で、世界32ヶ国の提携農園(パートナーファーム)と 51ヶ国のコミュニティトレードを行なっています。

 

精油が有名ですが、ハーブティーをはじめとし、スーパーフード、コスメ関連商品まで扱っています。

 

メディカルハーブガーデンや、アロマ、ハーブ、アーユルヴェーダを教えるスクールの運営も行っています。

 

精油は、安心の「AEAJ表示基準適合認定精油」です。

 

生活の木は店舗数が多いので、精油を購入しやすいと思います。

 

しっかりと植物を感じられる、品質の高い精油です。
生活の木の精油は、普段使いにおすすめです。

 

お店で見る

生活の木の店舗を見る

 

【生活の木】店舗のMAP

 

 


ページの先頭へ戻る