アロマ生活

ティートリー(ティーツリー)って何?とっておきのアロマ活用方法

【アロマ】ティートリー

 

「ティートリーって、どういう時に使うのがいいんだろう?」
「おすすめのティートリーは?」

 

ティートリーの原料は、「フトモモ科」の植物で、
アロマの精油は「」の部分から水蒸気蒸留法で抽出されます。

 

ライラックの花やライムをイメージさせるような
すーっとした爽やかな香りが特徴です。

 

敏感肌の人は、ティートリーを用いる際に注意が必要です。

 

今回は、ティートリーを楽しむための情報をまとめました。

 

アロマの作用も載せているので、ぜひ参考にしてみてください!

 

それでは、
詳しく見ていきましょう!

 

※精油などアロマ関連製品を使用して気になることがあれば、すぐにお医者様に相談しましょう。
※薬を服用中の方および通院中の方は、お医者様・薬剤師とご相談のうえご使用ください。

 

 

 

 

こんな時におすすめ!

 

心の作用

 

  • 強壮(強化・活性化)
  • 覚醒
  • リフレッシュ
  • ショックや落ち込み、無気力な時に元気付ける。

 

体の作用

 

  • 抗菌
  • 抗真菌
  • 抗ウィルス
  • 免疫賦活(免疫の活性化)
  • 鎮痛
  • 抗炎症
  • 鬱滞除去(血液・リンパ液・胆汁などの体液の流れを正常にする。)
  • 血液循環促進
  • 感染予防、花粉予防(ユーカリ・グロブルスとのブレンドで相乗効果)に役に立つ。

 

肌の作用

 

  • 抗菌
  • 抗真菌
  • 皮膚細胞成長促進
  • 皮膚透過性促進
  • 皮膚の感染症予防(水虫など)、ニキビケアに役立つ。
  • 防虫作用あり。

 

おすすめの時間帯

 

朝〜昼中盤

 

おすすめの季節

 

夏〜冬

 

おすすめの場所やシーン

 

  • フットケアからお掃除までアロマスプレーで
  • 書斎
  • オフィス
  • 風邪・感染症の時期

 

おすすめの利用法

 

  • 芳香浴法
  • 吸入法

 

香りのイメージ

 

  • 香りの揮発性:トップノート
  • 香りのキーワード:清涼感、硬質、芯のある強さ
  • インテリアスタイル:モダン、クラシック
  • 香りの強弱(5段階)※5に近い方が強い 4
  • 香りの寒暖(5段階)※5に近い方が暖かい 2

 

ティートリー(ティーツリー)の注意点

 

敏感肌は注意。

 

おすすめのアロマブランド

 

FINESSENCE(フィネッサンス)

 

 

FINESSENCE(フィネッサンス)は、精油などの植物はもちろん、保存料、安定剤まで、100%オーガニックにこだわっています。

 

精油はとても上品で、植物を感じることのできる感動の香りです。

 

生活の木

 

 

 

生活の木は店舗も多いので、気軽にアロマを試したい方におすすめです。

 

生活の木の精油は、しっかりと植物を感じることができる優しい香りです。

 

お店で見る

生活の木の店舗を見る

 

【生活の木】店舗のMAP

 

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)

 

 

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)は日本生まれのブランドです。

 

香りが上品でおしゃれなので、プレゼントにもおすすめです。

 

お店で見る

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)の店舗を見る

 

【MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)】店舗のMAP

 

ease-aroma(イーズアロマ)

 

 

ease-aroma(イーズアロマ)は、アロマをはじめてみたいという方におすすめのブランドです。

 

ネットショップ専門で、アロマ製品を幅広く取り扱っています。

 

【ティートリー(ティーツリー)】おすすめのブレンドオイル

 

@aroma(アットアロマ)

 

 

@aroma(アットアロマ)は、百貨店や一流ホテルなどの空間プロデュースをおこなっている企業です。

 

コンセプトに基づいたブレンドオイルは、どれも魅力ある商品です。

 

 

ティートリー(ティーツリー)精油の基本データ

 

  • 原科植物名:ティートリー
  • 科名:フトモモ科
  • 学名:Melaleuca alternifolia
  • 種類:低木
  • 原産地:オーストラリア、ジンバブエ
  • 抽出部位:葉
  • 精油の抽出方法:水蒸気蒸留法

 

精油の香りの特徴

 

スーッとしたナツメグやライムのようなさわやかな香り。

 

ライラックの花やライムを想起させる香り。

 

精油の名前の由来は?

 

オーストラリアの先住民族であるアボリジニの間でお茶として飲まれていた植物の一種だったため、ティートリー(お茶の木)と呼ばれるようになった。

 

精油の成分

 

  • テルピネン-4-オール(約42%)
  • γ-テルピネン(約20%)
  • 1,8-シネオール(約3%)

 

 


ページの先頭へ戻る