アロマ生活

スイートオレンジを楽しみたい!とっておきのアロマ活用方法

【アロマ】スイートオレンジ

 

「スイートオレンジって、どういう時に使うのがいいんだろう?」
「おすすめのスイートオレンジは?」

 

スイートオレンジの原料は、別名「アマダイダイ」とも呼ばれる「ミカン科」の植物で、
アロマの精油は「果皮」の部分から圧搾法で抽出されます。

 

みずみずしく甘い香りが特徴で、
子どもから大人まで幅広く親しみやすい香りとなっています。

 

スイートオレンジは、香りが劣化しやすいので、
早めに使い切るように注意してください。

 

今回は、スイートオレンジを楽しむための情報をまとめました。

 

アロマの作用も載せているので、ぜひ参考にしてみてください!

 

それでは、
詳しく見ていきましょう!

 

※精油などアロマ関連製品を使用して気になることがあれば、すぐにお医者様に相談しましょう。
※薬を服用中の方および通院中の方は、お医者様・薬剤師とご相談のうえご使用ください。

 

 

 

 

こんな時におすすめ!

 

心の作用

 

  • 鎮静
  • リフレッシュ
  • リラックス
  • 気持ちを穏やかにし、明るく。不安、緊張、不眠に役立つ。(ラベンダー、サンダルウッド、ネロリ等とのブレンドで相乗効果あり。)
  • 子どもから高齢者まで、老若男女に好まれる香り。

 

体の作用

 

  • 抗菌
  • 抗ウィルス
  • 抗炎症
  • 鎮静
  • 鎮痛
  • 鬱滞除去(血液・リンパ液・胆汁などの体液の流れを正常にする。)
  • 血液循環促進
  • 健胃(胃の機能を促進して元気にする。)
  • 腸蠕動(胃から肛門まで内容物の移動の促進。)
  • 胆汁分泌促進
  • 心因性の消化器系のトラブルに役立つ。
  • 手足の冷えを改善。

 

肌の作用

 

  • 皮脂バランス調整
  • 収れん(組織を引き締める。)
  • 血液循環促進
  • 抗菌
  • 抗ウィルス
  • ニキビ肌を落ち着かせる。
  • 老化肌に役立つ。

 

おすすめの時間帯

 

朝〜夕方

 

おすすめの季節

 

春〜夏中盤、秋中盤〜冬

 

おすすめの場所やシーン

 

  • リビング
  • 子ども部屋
  • キッチン
  • 部屋
  • 就寝前
  • 就寝中

 

おすすめの利用法

 

  • 芳香浴法
  • 吸入法
  • 湿布法
  • トリートメント法
  • 手作り化粧品

 

香りのイメージ

 

  • 香りの揮発性:トップノート
  • 香りのキーワード:親しみやすい、明るい、元気
  • インテリアスタイル:ポップ、ナチュラル
  • 香りの強弱(5段階)※5に近い方が強い 2
  • 香りの寒暖(5段階)※5に近い方が暖かい 3.5

 

スイートオレンジの注意点

 

高温下で香りがこもると暑苦しい印象になる。
香りが劣化しやすいので早めに使い切る。

 

おすすめのアロマブランド

 

FINESSENCE(フィネッサンス)

 

 

FINESSENCE(フィネッサンス)は、精油などの植物はもちろん、保存料、安定剤まで、100%オーガニックにこだわっています。

 

精油はとても上品で、植物を感じることのできる感動の香りです。

 

生活の木

 

 

生活の木は店舗も多いので、気軽にアロマを試したい方におすすめです。

 

生活の木の精油は、しっかりと植物を感じることができる優しい香りです。

 

お店で見る

生活の木の店舗を見る

 

【生活の木】店舗のMAP

 

ease-aroma(イーズアロマ)

 

 

ease-aroma(イーズアロマ)は、アロマをはじめてみたいという方におすすめのブランドです。

 

ネットショップ専門で、アロマ製品を幅広く取り扱っています。

 

【スイートオレンジ(オレンジスイート)】おすすめのブレンドオイル

 

@aroma(アットアロマ)

 

 

 

 

@aroma(アットアロマ)は、百貨店や一流ホテルなどの空間プロデュースをおこなっている企業です。

 

コンセプトに基づいたブレンドオイルは、どれも魅力ある商品です。

 

 

スイートオレンジ精油の基本データ

 

インドのアッサム地方が原産とされ、亜熱帯から温帯の地域で広く栽培されている。

 

ペストの流行したヨーロッパでは、オレンジの果実にクローブをさしてスパイスをまぶした魔よけの香り「オレンジ・ポマンダー」を作る風習があった。

 

  • 原科植物名:スイートオレンジ
  • 別名:アマダイダイ
  • 科名:ミカン科
  • 学名:Citrus sinensis
  • 原産地:メキシコ、イタリア、アメリカ、ブラジル、コスタリカ
  • 抽出部位:果皮
  • 精油の抽出方法:圧搾法

 

精油の香りの特徴

 

オレンジの香りそのままの甘い香り。

 

子どもから大人まで幅広く親しみやすい香り。みずみずしい香り。

 

精油の成分

 

  • リモネン(約96%)
  • d-リナロール(約0.3%)
  • シトラール
  • オクタナール(アルヒデド類)
  • デカナール(アルヒデド類)

 

オレンジが好きな人には、
オレンジピールのハーブティーもおすすめ!

 

 


ページの先頭へ戻る