【アロマ】ペパーミントの香り

【アロマ】ペパーミント

ペパーミントは清涼感あるクリアーな香りなので、暑い時でも涼しく感じる精油です。
涼しくしたい時にはおすすめのハーブです。

 

 

 

 

【アロマ】ペパーミントの香りが出題される資格

  • アロマ検定1級(AEAJ):◯
  • アロマ検定2級(AEAJ):◯
  • メディカルアロマインストラクター(日本統合医学協会):◯
  • アロマ空間デザイン検定(@アロマ):◯  

 

ペパーミントの香り(精油/エッセンシャルオイル)

精油の香りの特徴

爽快な清涼感があふれるクリアーな香り。
清々しくクールなミント特有の香り。

 

精油の名前の由来は?

学名の「piperita」は「コショウのような」という意味。

 

精油の成分

  • ℓ-メントール(約40%)
  • ℓ-メントン(約22%)
  • 1,8-シネオール(約4.7%)
  • イソメントン(約3.4%)

精油成分についての詳しい説明はこちら

 

【ペパーミント】精油の原料植物

多年草。ミント属は非常に変異を起こしやすく、たくさんの品種が存在する。
ペパーミントはウォーターミントとスペアミントの自然交配から生じたとされている。

 

  • 原科植物名:ペパーミント
  • 別名:セイヨウハッカ
  • 科名:シソ科
  • 学名:Mentha x piperita
  • 種類:多年草
  • 原産地:アメリカ、イギリス、オーストリア、イタリア、フランス、インド、中国
  • 抽出部位:葉
  • 精油の抽出方法:水蒸気蒸留法

 

【ペパーミント】香りの機能

  • 鎮静
  • 覚醒
  • リフレッシュ
眠気、気分の悪さを改善。頭をスッキリさせたい時に役立つ。
クールダウンさせる。

 

  • 抗菌
  • 抗真菌
  • 抗ウィルス
  • 抗炎症
  • 免疫賦活(免疫の活性化)
  • 去痰(のどに絡むたんを取り去る)
  • 粘液溶解(粘度を低下させる。)
  • 脂肪分解(脂質の分解)
  • 胆汁分泌促進
  • 冷却
  • 鎮痛
  • 鎮静
  • 筋肉弛緩
頭痛、肩凝り、筋肉痛、神経痛、打撲、捻挫など身体の痛みの緩和。
花粉症予防、鼻づまりなどの呼吸器系の不調にも役に立つ。

 

  • 抗菌
  • 抗真菌
  • 抗ウィルス
体臭予防、フットスプレーなどに役立つ。
防虫作用あり。

 

【ペパーミント】香りの注意事項・禁忌

  • 乳幼児、妊産婦、授乳中の人、癲癇の人は注意(ケトン類、神経毒)。
  • 敏感肌は注意。

 

【ペパーミント】香りのイメージ

  • 香りの揮発性:トップノート
  • 香りのキーワード:清涼感、すっきり、涼しい
  • インテリアスタイル:ポップ、ナチュラル
  • 香りの強弱(5段階)※5に近い方が強い 4
  • 香りの寒暖(5段階)※5に近い方が暖かい 1.25

 

【ペパーミント】おすすめの使い方

おすすめの時間帯

朝〜昼

 

おすすめの季節

春中盤〜夏

 

おすすめの場所やシーン

  • キッチン
  • パウダールーム
  • 玄関
  • 書斎
  • ドライブ
  • 夏の暑さに

 

おすすめの利用法

  • 芳香浴法
  • 吸入法

 

AEAJの研究データ

AEAJは、内閣府に公益認定され、アロマテラピーの普及・調査・研究などの活動を行っている公益法人です。

 

ペパーミント/オレンジ・スイート精油の香りが小学生の計算ミスとストレス軽減に寄与

ペパーミント精油オレンジ・スイート精油の香りは、小学生の気分に好影響を与え、計算ミスが減少する傾向があることが研究結果でまとめられました。

 

(公社) 日本アロマ環境協会 (最終閲覧日:2019年10月21日)
https://www.aromakankyo.or.jp/basics/literature/new/vol16.php

 

精油10種のヒトの皮膚に対する安全性

1%以下という希釈濃度で、実際に皮膚刺激が起きないかどうかを確認したAEAJの研究データをご紹介します。
(ただしAEAJでは、体調や皮膚の状態に応じて、さらに低濃度にするなど、希釈濃度を調整することを推奨しています。)

 

  1. 各精油の試料を20名(男性7名、女性13名)の被験者の腕の上腕内側部に塗布し、ガーゼで覆う。
  2. 24時間経過した後、ガーゼをはがして肉眼で判定。
  3. 皮膚表面のレプリカ(皮膚表面の凹凸)を採取し、顕微鏡で判定。

 

肌刺激測定の結果(1%、3%、5%の3パターン)

 

(公社) 日本アロマ環境協会 (最終閲覧日:2019年10月21日)
https://www.aromakankyo.or.jp/basics/literature/new/vol15.php

 

【アロマ】アンケート

セルフケアにおけるアロマテラピーのアンケート調査を紹介します。

 

ペパーミントは、集中力を高めたい時は2番目、肩こりをやわらげたい時に3番目、スポーツの後の筋肉疲労が残る時は1番目、風邪の予防したい時に3番目に人気のアロマです。

 

集中力を高めたい時には、芳香浴がよく行われています。次いで、吸入が人気の様です。集中力を高めたい時に使われるアロマの人気順は、ローズマリー、ペパーミント、レモンとなっています。

 

集中力を高めたい時に選ばれている精油ランキング

 

肩こりをやわらげたい時には、トリートメントがよく行われています。次いで、湿布が選ばれています。肩こりをやわらげたい時に使われるアロマでの人気順は、ローズマリー、ラベンダー、ペパーミントとなっています。

 

肩こりをやわらげたい時に選ばれている精油ランキング

 

スポーツの後の筋肉疲労が残る時には、トリートメントがよく行われています。次いで、湿布が選ばれています。スポーツの後の筋肉疲労が残る時に使われるアロマでの人気順はペパーミント、ローズマリー、レモングラスとなっています。

 

スポーツ後の筋肉疲労がある時に選ばれている精油ランキング

 

風邪の予防したい時には、芳香浴がよく行われています。次いで、吸入が選ばれています。ス風邪の予防したい時に使われるアロマでの人気順はティートリー、ユーカリ、ペパーミントとなっています。

 

風邪予防に選ばれている精油ランキング

 

(公社) 日本アロマ環境協会 (最終閲覧日:2019年10月21日)
https://www.aromakankyo.or.jp/basics/literature/result/vol1.php

 

運動とアロマに関する調査

AEAJのアロマに関する運動調査では、運動にアロマを取り入れている方ほど若く見られているという認識があるということです。アロマを取り入れて運動している人は、運動のみを行なっている人の約3倍の人数が自分のボディラインに満足をしているという回答した結果があります。

 

また、運動にアロマを取り入れることで、リラックス効果があり、より運動の継続がしやすくなるというデータがでています。
アロマを取り入れている人の70%以上は、1年以上継続していという結果になっています。
運動シーンで役立つ精油のランキングでは、
1位はペパーミント、2位ローズマリー、3位ラベンダー、4位グレープフルーツ、5位ユーカリが選ばれていました。

 

アロマを取り入れることで、運動が辛くなる、疲れが残りにくくなるなどアロマを使用することで運動しやすいと感ている方が多数いるという結果でした。

 

運動するときにおすすめの精油ランキング

 

(公社) 日本アロマ環境協会 (最終閲覧日:2019年10月21日)
https://www.aromakankyo.or.jp/basics/literature/result/vol2.php

 

【ペパーミント】おすすめの精油

 

アロマのブランドを詳しく見る

 

FINESSENCE(フィネッサンス)

 

 

 

FINESSENCE(フィネッサンス)は、精油などの植物はもちろん、保存料、安定剤まで、100%オーガニックにこだわっています。

 

AEAJ表示基準適合認定精油」であることはもちろん、『ABマーク』、『Euroleaf』、『CosmeBIO(コスメビオ)』の認定も受けています。

 

創業者のDr.バルツは、フランスで有名なアロマテラピーブランドSANOFLORE(サノフロール)を立ち上げた後に、FINESSENCE(フィネッサンス)を立ち上げました。

 

とても上品で素敵な、植物を感じる感動の香り。
私たちイチオシのブランドの1つです。

 

生活の木

 

 

生活の木は日本の企業で、世界32ヶ国の提携農園(パートナーファーム)と 51ヶ国のコミュニティトレードを行なっています。

 

精油が有名ですが、ハーブティーをはじめとし、スーパーフード、コスメ関連商品まで扱っています。

 

メディカルハーブガーデンや、アロマ、ハーブ、アーユルヴェーダを教えるスクールの運営も行っています。

 

精油は、安心の「AEAJ表示基準適合認定精油」です。

 

生活の木は店舗数が多いので、精油を購入しやすいと思います。

 

しっかりと植物を感じられる、品質の高い精油です。
生活の木の精油は、普段使いにおすすめです。

 

お店で見る

生活の木の店舗を見る

 

【生活の木】店舗のMAP

 

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)

 

 

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)は、日本生まれのブランドです。

 

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)の「MARKS」にはお気に入り、「WEB」には広めるという意味を込めているそうです。

 

安全性と環境性、有用性のバランスを満たし、毎日惜しみなく使い続けることができる価格で提供したい。
MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)は、その理念に基づいてモノづくりをしています。

 

香りもステキで、有名なブランドの1つです。プレゼントに喜ばれます。

 

お店で見る

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)の店舗を見る

 

【MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)】店舗のMAP

 

EO

 

 

EOは、Essential Oilの頭文字からEとOをとり作られました。
AEAJ表示基準適合認定精油」です。

 

EOはすべての製品に人工香料を一切使用せず、ピュアなエッセンシャルオイルだけを採用しています。

 

EOは材料にこだわり、有機栽培などにこだわる全米各地の農家と、直接契約を結んでいます。

 

また、アメリカ全土で初めてNon-GMOの認証を取得した企業です。
EOの精油は、ステキな香りがします。

 

ease-aroma(イーズアロマ)

 

 

ease-aroma(イーズアロマ)は、ネットショップで人気のアロマブランドです。

 

格安アロマブランドですが、「AEAJ表示基準適合認定精油」です。

 

アロマをはじめてみたいという方に、入門としておすすめの精油です。

 

ペパーミントが好きな人には、
【ハーブティー】ペパーミントのある暮らしもおすすめ!

 

 


ページの先頭へ戻る