レモンを楽しみたい!とっておきのアロマ活用方法

【アロマ】レモン

 

「レモンって、どういう時に使うのがいいんだろう?」
「おすすめのレモンは?」

 

レモンの原料は、「ミカン科」の植物で、
アロマの精油は「果皮」から圧搾法で抽出されます。

 

ややワックス感のある、かんきつの皮のような香りが特徴です。

 

レモンは、光毒性(肌につけた状態で日光に当たることで、皮膚トラブルが起こること)があるので、紫外線を避けるようにしましょう。

 

また、敏感肌の人は注意が必要です。

 

今回は、レモンを楽しむための情報をまとめました。

 

アロマの作用も載せているので、ぜひ参考にしてみてください!

 

それでは、
詳しく見ていきましょう!

 

※精油などアロマ関連製品を使用して気になることがあれば、すぐにお医者様に相談しましょう。
※薬を服用中の方および通院中の方は、お医者様・薬剤師とご相談のうえご使用ください。

 

 

 

 

こんな時におすすめ!

 

心の作用

 

  • リフレッシュ
  • 鎮静
  • 集中力を高め、頭をスッキリ。
  • 心が張りつめている人の心を落ち着かせる。
  • 精神疲労回復に役立つ。

 

体の作用

 

  • 抗菌
  • 抗ウィルス
  • 抗真菌
  • 血液循環促進
  • 抗炎症
  • 健胃(胃の機能を促進して元気にする。)
  • 消化促進
  • 腸蠕動(胃から肛門まで内容物の移動の促進。)
  • 免疫賦活(免疫の活性化)
  • 浄化
  • 室内浄化に(ラベンダーとペパーミントとのブレンドで相乗効果)
  • 感染予防に(フランキンセンスとティートリーとのブレンドで相乗効果)

 

肌の作用

 

  • 抗菌
  • 抗ウィルス
  • 抗真菌
  • 血液循環促進
  • 収れん(組織を引き締める。)
  • 10代の肌トラブルに役立つ。吹き出物、ニキビケア。

 

おすすめの時間帯

 

朝〜昼

 

おすすめの季節

 

春中盤〜夏

 

おすすめの場所やシーン

 

  • キッチン
  • パウダールーム
  • 玄関
  • 書斎
  • ドライブ
  • 夏の暑さに

 

おすすめの利用法

 

  • 芳香浴法
  • 吸入法

 

香りのイメージ

 

  • 香りの揮発性:トップノート
  • 香りのキーワード:フレッシュ、爽やか、清潔感
  • インテリアスタイル:ポップ、ナチュラル
  • 香りの強弱(5段階)※5に近い方が強い 4
  • 香りの寒暖(5段階)※5に近い方が暖かい 1.25

 

レモンの注意点

 

敏感肌は注意。
フロクマリン類(ベルガプテン)が含まれており、光毒性があるので注意。(12時間紫外線を避ける)

 

おすすめのアロマブランド

 

FINESSENCE(フィネッサンス)

 

 

FINESSENCE(フィネッサンス)は、精油などの植物はもちろん、保存料、安定剤まで、100%オーガニックにこだわっています。

 

精油はとても上品で、植物を感じることのできる感動の香りです。

 

生活の木

 

 

生活の木は店舗も多いので、気軽にアロマを試したい方におすすめです。

 

生活の木の精油は、しっかりと植物を感じることができる優しい香りです。

 

お店で見る

生活の木の店舗を見る

 

【生活の木】店舗のMAP

 

ease-aroma(イーズアロマ)

 

 

ease-aroma(イーズアロマ)は、アロマをはじめてみたいという方におすすめのブランドです。

 

ネットショップ専門で、アロマ製品を幅広く取り扱っています。

 

 

レモン精油の基本データ

 

インドのヒマラヤ東部山麓、または中国東南部からミャンマー北部あたりが原産とされる高木。

 

  • 原科植物名:レモン
  • 科名:ミカン科
  • 学名:Citrus limon
  • 種類:高木
  • 原産地:メキシコ、スペイン、アメリカ、イタリア、アルゼンチン
  • 抽出部位:果皮
  • 精油の抽出方法:圧搾法

 

精油の香りの特徴

 

かんきつ系の香り。
ややワックス感のあるかんきつの皮のような香り。

 

精油の成分

 

  • リモネン(約67%)
  • d-リナロール(約0.1%)
  • シトラール
  • オクタナール
  • ベルガプテン

 

 


レモンが好きな人におすすめ!

 
ページの先頭へ戻る