アロマ生活

ゼラニウムって何?とっておきのアロマ活用方法

【アロマ】ゼラニウム

 

「ゼラニウムって、どういう時に使うのがいいんだろう?」
「おすすめのゼラニウムは?」

 

ゼラニウムの原料は、「フウロソウ科」の植物で、
アロマの精油は「」の部分から水蒸気蒸留法で抽出されます。

 

華やかなローズをイメージさせるような、フローラルな香りが特徴です。

 

ゼラニウムの注意点として、濃度が高いので使用量に注意してください。

 

また、敏感肌の人も注意が必要です。

 

今回は、ゼラニウムを楽しむための情報をまとめました。

 

アロマの作用も載せているので、ぜひ参考にしてみてください!

 

それでは、
詳しく見ていきましょう!

 

※精油などアロマ関連製品を使用して気になることがあれば、すぐにお医者様に相談しましょう。
※薬を服用中の方および通院中の方は、お医者様・薬剤師とご相談のうえご使用ください。

 

 

 

 

こんな時におすすめ!

 

心の作用

 

  • 神経バランス調整
  • 鎮静
  • リフレッシュ
  • 神経系に対して鎮静と高揚の両方の働き。
  • 不安、ストレス、過緊張、落ち込みなどを和らげる。

 

体の作用

 

  • 抗菌
  • 抗真菌
  • 抗ウィルス
  • 鎮静
  • 抗炎症
  • ホルモンバランス調整
  • 血圧調整
  • 免疫賦活(免疫の活性化)
  • 鎮痛
  • 鎮痙(内臓や筋肉の痙攣を鎮める。)
  • 鬱滞除去(血液・リンパ液・胆汁などの体液の流れを正常にする。)
  • 女性ホルモン、副腎皮質ホルモンなどのホルモンバランスを整える働きがある。ホルモンバランスの乱れからくる不調に役立つ。
  • PMS、更年期障害の症状緩和。リンパ系を刺激し、体液の滞留によるむくみやセルライトを改善。

 

肌の作用

 

  • 抗菌
  • 抗真菌
  • 抗ウィルス
  • 抗炎症
  • 収れん(組織を引き締める。)
  • 皮脂バランス調整
  • 皮膚弾力回復
  • 乾燥肌、脂性肌、混合肌、いずれの肌質にもスキンケアとして使用できる。
  • 防虫作用あり

 

おすすめの時間帯

 

昼〜夜

 

おすすめの季節

 

春、秋〜冬

 

おすすめの場所やシーン

 

  • リビング
  • リラックスタイム
  • ウェディング

 

おすすめの利用法

 

  • 芳香浴法
  • 沐浴法
  • 吸入法
  • 湿布法
  • トリートメント法
  • 手作り化粧品

 

香りのイメージ

 

  • 香りの揮発性:ミドルノート
  • 香りのキーワード:華やか、落ち着き艶やか
  • インテリアスタイル:エレガント、ロマンティック
  • 香りの強弱(5段階)※5に近い方が強い 4.25
  • 香りの寒暖(5段階)※5に近い方が暖かい 4.25

 

ゼラニウムの注意点

 

濃度が高いので使用量に注意。
敏感肌に注意。

 

おすすめのアロマブランド

 

FINESSENCE(フィネッサンス)

 

 

FINESSENCE(フィネッサンス)は、精油などの植物はもちろん、保存料、安定剤まで、100%オーガニックにこだわっています。

 

精油はとても上品で、植物を感じることのできる感動の香りです。

 

生活の木

 

 

生活の木は店舗も多いので、気軽にアロマを試したい方におすすめです。

 

生活の木の精油は、しっかりと植物を感じることができる優しい香りです。

 

お店で見る

生活の木の店舗を見る

 

【生活の木】店舗のMAP

 

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)

 

 

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)は日本生まれのブランドです。

 

香りが上品でおしゃれなので、プレゼントにもおすすめです。

 

お店で見る

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)の店舗を見る

 

【MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)】店舗のMAP

 

ease-aroma(イーズアロマ)

 

 

 

ease-aroma(イーズアロマ)は、アロマをはじめてみたいという方におすすめのブランドです。

 

ネットショップ専門で、アロマ製品を幅広く取り扱っています。

 

【ゼラニウム】おすすめのブレンドオイル

 

@aroma(アットアロマ)

 

 

@aroma(アットアロマ)は、百貨店や一流ホテルなどの空間プロデュースをおこなっている企業です。

 

コンセプトに基づいたブレンドオイルは、どれも魅力ある商品です。

 

 

ゼラニウム精油の基本データ

 

多年草の植物で、17世紀初頭、南アフリカからヨーロッパに持ち込まれ、フランスで栽培。

 

19世紀後半にインド洋のレユニオン島へ渡った。

 

  • 原科植物名:ローズゼラニウム
  • 科名:フウロソウ科
  • 学名:Pelargonium graveolens
  • 種類:多年草
  • 原産地:エジプト、モロッコ、フランス、レユニオン島(フランス領)、スペイン
  • 抽出部位:葉
  • 精油の抽出方法:水蒸気蒸留法

 

精油の香りの特徴

 

華やかなローズを沸騰させるような、女性らしいフローラルな香り。
ややローズ調のグリーン感のあるフローラルな香り。

 

精油の成分

 

  • シトロネロール(約33%)
  • ゲラ二オール(約14%)
  • d-リナロール(約5%)
  • メントン(約1.4%)

 

 


ページの先頭へ戻る