アロマの楽しみ方と活用方法

あなたはアロマをどのように生活に取り入れて、人生をハッピーにしますか?
クレオパトラは、ローズの香り特に愛し、入浴後のトリートメントや香りで男性を魅了しました。

 

マリーアントワネットはローズとバイオレットを自分の香りと決め、かつらに匂いをふりかけていました。

 

ナポレオンは香水マニアだったそうです。オレンジやローズマリーのオーデコロンを愛用し1ヶ月60本を使用していました。

 

アロマを上手く生活に取り入れれば、あなたの人生はとても幸せで楽しい生活になります。

 

 

 

 

アロマテラピーとは

アロマテラピーは「アロマ(芳香)」と「テラピー(療法)」を組み合わせた造語です。

 

植物など自然の香りは、昔から生活取り入れられていました。日本では、ゆず湯や菖蒲湯が有名です。
リラクゼーション、リフレッシュ、美と健康のために植物の香りは活用されてきました。

 

クレオパトラは、ローズの香り特に愛していました。入浴後のトリートメントを行い、男性を部屋を呼ぶ際には膝までローズをしきつめ香りで歴戦の英雄を魅了てきました。

 

マリーアントワネットはローズとバイオレットを自分の香りと決め、かつらに匂いをふりかけていました。ルイ15世のベルサイユ宮殿では「芳香宮」と呼ばれていました。毎日自分のみにまとう香りを変えることが大流行しました。

 

ナポレオンは香水マニアだったそうです。オレンジやローズマリーのオーデコロンを愛用していました。当時オーデコロンは薬や化粧品として使われていたそうです。ナポレオンは洗顔に使用したり、体にふりかけ1ヶ月60本を使用していました。

 

アロマオイルと精油の違い

一般的には市販されているものはアロマオイル、精油(エッセンシャルオイル)という2種類ものが販売されています。
アロマオイルとは、化学物質であったり植物からとった香り成分を混ぜてつくられています。

 

精油は植物の香り物質を抽出し、基本的に100%植物成分でつくられています。

 

(ものすごく微量ですが、抽出の条件では他の成分が入ってしまうことがあります。)

 

植物のにおいを、感じ楽しみたい場合は精油、または精油で作られてものがおすすめです。

 

アロマテラピーの特徴

アロマテラピーは、植物の香り成分を凝縮した精油(エッセンシャルオイル)を用いるのが大きな特徴です。
心身に働きかけトラブルを穏やかに解消し、健やかな状態に導くと言われています。

 

ストレスを抱える現代人の強い味方。
香りを楽しみながら、心と身体をトータルにサポートするホリスティック(全体的)な自然療法として、わたしたちの毎日に寄り添います。

 

アロマテラピーのメカニズム

精油が心や身体に行き渡るルートは2つあります。
鼻からのルートと皮膚からのルートです。

 

鼻から心身にいきわたるルートを説明いたします。
鼻で感じてると感じていると感じている人が多いと思います。実は、香りは脳で感じています。

 

匂いは鼻から伝わり、脳へ伝わるからです。匂いは、化学物質の集まりです。
色々な元素が繋がった低分子化合物です。リナロール、酢酸リナリルなどが合わさりラベンダーのような香りを作ります。

 

鼻からのルートでは、感情、自律神経、内分泌(ホルモン)、記憶に作用します。特に香りは五感の中で一番早く記憶や感情に作用します。
同じにおいを嗅いでも人によって、好みや感じ方が違うのは、嗅覚受容体遺伝子に個人差があったり、経験が違うためです。

 

次に、皮膚からのルートです。
皮膚からとは、皮膚に浸透して伝わる経路です。

 

精油は分子が小さく、植物性の油で希釈すると親油性であるため、皮膚にとても馴染みやすくなります。
精油には肌表面の制菌・抗炎症作用など報告されているものがあり研究がされているようです。

 

もっと詳しく知りたい人は、アロマテラピー検定や、メディカルアロマインストラクターにチャレンジしてみましょう。

 

アロマテラピーを楽しむ上で気をつけること

アロマテラピーを楽しむ上で、精油で気をつけることを簡単にまとめさせていただきました。
楽しいアロマライフを送るため、気をつけることをご紹介致します。

 

使い方

  • 原液を直接肌につけない
  • 火気に注意する
  • 子どもやペットの届かない場所に置く
  • 精油を飲用しない
  • 精油を目に入れない

 

注意すべき対象者

  • 妊婦の方
  • 病気・アレルギーのある方
  • こども・ペット
  • 高齢者や既往歴のある方
  • 皮膚の弱い方

 

精油の作用

アロマテラピーで利用される精油は、様々な成分が含まれ混ざり合い、精油それぞれの香りや特徴を作っています。
精油には香りを感じたり、肌に触れたりすることで様々な機能や作用があります。

 

機能や作用の中で、どんなものがあるか一部をご紹介致します。

 

精油を機能的に使うの参考にしてください。

 

  • 強壮(強化・活性化)作用:身体の各部や全身に働きかけ、それぞれの機能を活性化したり、強化したりする作用。
  • 去痰(のどに絡むたんを取り去る)作用:痰の排出を促し、痰を切る作用。
  • 抗ウィルス作用:ウィルスの増殖を抑える作用。
  • 抗菌作用:細菌の増殖を抑える作用。
  • 抗真菌作用:カビなどの、真菌の増殖を抑える作用。
  • 殺菌作用:主に人体にとって有害な細菌などの病原体などを殺す作用。
  • 収れん(組織を引き締める。)作用:皮膚を引き締める作用。
  • 消化促進食欲を増進させる作用:胃腸の消化活動を活発にし、食欲を増進させる作用。
  • 鎮静作用:神経系の働きを鎮め、心と身体の働きをリラックスさせる作用。
  • 鎮痛作用:痛みを和らげる作用。
  • 保湿作用:皮膚をの潤いを保ち、乾燥を防ぐ作用。
  • ホルモン調整作用:ホルモンバランスを調整する作用。
  • 虫よけ作用:虫を寄せ付けない作用。
  • 免疫賦活(免疫の活性化)作用:免疫の働きを高め、活性化する作用。
  • 利尿作用:尿の排出を促す作用。

etc....

 

生活の中でアロマを活用する

アロマテラピーの利用法は様々です。

 

好きな精油をディフューザーで香らせる。
お風呂に入れて楽しむ。
ルームスプレーを作ってお部屋の香りを楽しむ。

 

精油のブレンドでオリジナルの香りを楽しむ。
トリートメントオイルを使ってボディケアを行う。

 

それぞれの気分の状態、ライフスたいるに合わせて、コツやアイテムさえ知っていれば誰でも気軽に取り入れることができるのが魅力の1つです。

 

 

 

 

精油に使われる植物油について

アロマテラピーには、精油を混ぜるための基材として植物油が使われています。
お店によっては最初から、精油と混ぜて販売されていることもあるようです。

 

精油の機能も大切ですが、希釈をしている植物油の成分を知っておくことも植物を楽しむ上で重要です。
事前に植物油も知っておき、植物を深く楽しんでしまいましょう。

 

アルガン油

【アロマ】アルガン油
アルガンツリーの種子100kgから1リットルしかとれない貴重な油です。
人間の皮脂成分に近いビタミンEを多く含み、抗酸化(体内で増えた活性酸素を除去。)作用が高いことでしられています。

 

オリーブ油

【アロマ】オリーブ油
オレイン酸が70%以上含まれビタミンA、Eなどが豊富です。
皮膚のへの浸透性、保湿効果が高く、美容オイル、医療の分野で使われています。

 

スイートアーモンド油

【アロマ】スイートアーモンド油
バラ科のスイートアーモンド種子を圧搾しています。肌なじみのよいオレイン酸が主成分。
昔から化粧品につかわれています。肌タイプも選ばず全身に使えます。

 

ホホバ油

【アロマ】ホホバ油
砂漠に生息するホホバの種子から作られています。
保湿効果が高く、伸びが良い。低音で固まり、常温で戻ります。

 

マカデミアンナッツ油

【アロマ】マカデミアンナッツ油
パルミトレイン酸は皮脂に含まれる成分のため、肌への浸透がよくスキンケアにぴったりです。
酸化しにくいことでも知られています。

 

アロマの精油はどうやって作られるの?

精油は、芳香物質を取り出した、揮発性有機化合物です。
植物は光合成により、酸素と炭水化物を作ります。これを一次代謝といいます。

 

さらに、植物は炭水化物からさまざまな有機化合物を作ります。
これを二次代謝といいます。精油はに二次代謝物として作られます。

 

精油は、植物の花、果皮、果実、心材、根、種子、樹皮、樹脂などから抽出されます。
植物によって取れるところが違います。

 

同じ柑橘系でも芳香物質がとれるところが違うこともあります。

 

まとめ

アロマを楽しむ上で一般的に疑問に思われることをまとめてみました。

 

安全・安心にために「アロマテラピーを楽しむ上で気をつけること」は特にしっかり読んでもらうことをおすすめさせていただきます。
アロマを取り入れて、是非日常の生活をより楽しいものにできたらいいですね。

 

 

ページの先頭へ戻る